美術館と動物園。

アクセスカウンタ

zoom RSS アラスカツアー3日目(オーロラ)@2012年12月

<<   作成日時 : 2013/01/08 22:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

アラスカツアー3日目です。

昼はオプショナルツアーでマッキンリー遊覧飛行の予定でしたが、視界が悪いので飛び立って5分程度で中止になってしまいました。
画像


夕方からはチナ温泉に移動します。
日本じゃないのでチナ温泉は水着を着て入ります。
女性用更衣室は昨年リニューアルされたのでプールの更衣室のようにキレイです。
マイナス20〜30℃で入る露天風呂は、髪の毛が霜でまっ白になる以外はあまり寒さを感じません。
温泉の中の足元は意外にも砂です。水着を着て砂の上を歩くと海の中を歩いているような錯覚。
気象条件が整えば温泉の中にいてオーロラが見えることもあるそうです。

温泉から出た後はチナ温泉の施設の中で夕食です。
オヒョウのソテーに茹でただけの冷凍ベジタブル。
アラスカはどうやら自分で味付けしながら食べる流儀かも。オヒョウを崩しながら一緒に食べたら絶対全部食べられないと思ったMIXベジタブルも美味しく戴きました。
思い返してみると今回のツアーで一番美味しく感じたのはこのオヒョウでした。
デザートはキャロットケーキ。
これからオーロラの撮影が控えているというのに温泉あがりなものでアラスカの地ビール飲んじゃいました。

今日のオーロラはチナ温泉で雪上車に乗って山の上に行く予定でしたが、新雪のため登れません。
急遽、高坂先生の紹介でシャンダラーロッジに移動しました。
この臨機応変が効くところがこういうツアーの良いところです。



【オーロラ撮影共通データ】
Canon EOS 60D
SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
WBオート 
画像
開放F2.8 20秒 ISO1600
到着した時からこの程度のオーロラが続いていました、昨日の経験があるからオーロラあるんだな、という程度。

画像
ピンク色がキレイだったのでこんなもの写して遊んでました。町の明かりでこんな色になってるそうです。

画像
F3.5 22秒 ISO3200
突然オーロラ明るくなったので慌ててこんな設定
このカメラ、このレンズのISO3200の画質に確信がなかったけれど、やはり早いシャッターを切りたかったのでエイヤッとISO3200にしてみます。

画像
F5.6 15秒 ISO3200
なんでかF5.6。

画像
開放F2.8 5秒 ISO3200
暗闇でライブビューを覗いたときはこれでベストの設定と思い込んじゃったんですけど、今になって思えば10秒のも撮っておきたかった。カーテンのヒダのような、エッジの効いたオーロラを写したいという意識に凝り固まっていて遅いシャッターが切れなくなっていたんですねぇ。
RAWだから印刷の時は調整しますけれど、満足感がイマイチです。

画像
開放F2.8 5秒 ISO3200
ベストポジションが見つけられず構図を変えてばかりです。
先生や慣れてる人は連続シャッターにして、あちこちお出かけして余裕です。

画像
開放F2.8 6秒 ISO3200
現地で撮影前に高坂先生からオーロラの出やすい方向と星の説明があります。
ひしゃく星しか理解できないわたしはそればっかりファインダーに入れてしまっています。

画像
開放F2.8 6秒 ISO3200
オーロラがゆらゆら動きだしました。
もっと動けもっと動けということで、現地ガイドのM嬢がオーロラダンスとお祈りの歌を歌ってくれます。
するとあら不思議、本当にオーロラが動き出してる。
アメリカのオーロラだから日本の歌よりも聖者の行進の歌が効いたみたい。

あっ、と気づくとレンズに雪のような霜が乗ってる
ずっと上を向いていたのがいけなかったのか
昨日も今日も最終的にはマイナス30℃らしい
初めのほうこそブロアーで時々シュッシュ吹いていたけれど
いいオーロラが出てから忘れてしまってた
カメラの防寒カバーも使いにくいので、今日はつけていなかった
慌ててるのでホッカイロをつけることも思いつかなかった
そこでほぼ写真をあきらめ連続シャッターにして私もオーロラの踊りに参加

画像
開放F2.8 6秒 ISO3200

画像
開放F2.8 6秒 ISO3200
最後の1枚。こうやってみるとレンズの霜の影響があるのかないのか?

結局オーロラはそれ以上大きくならずに終わってしまったので
残り20分はあったけれど撤収しました。
マイナス30℃にもなった環境で、22時〜2時近くまでポツポツと撮ってる分にはバッテリーは問題ありませんでした。大丈夫ですよと高坂先生には言われていたけれど、先生のカメラとは違うから…と半信半疑。でもEOS60Dも頑張ってくれました。
カメラはむき出しのまま極寒4時間、人間も2日間、4時間外に立ちっぱなしでレンタル防寒着で寒さ知らず、せいぜいまつ毛が凍ってくっついた位です。
せっかくのオーロラを無駄にしないためにレンズの防霜?対策はされた方がよいと思います。
よく言われるようにジップロックにカメラをしまうのですが、
バッテリーを外し忘れて充電しそこなうとか、
レンズのキャップをし忘れたとか、
ジップロックのチャックがうまくできず、ビニールの口を縛ったとか(屋外でジップロックの口をしめるのは大変)
あちゃ〜と思うジップロック関係の失敗はありました。

チナ温泉リゾートのウェブサイトによるとオーロラの強度は5段階で表し
Quiet
Moderate
Active
High
Great
となっています。

昨日はQuietで
今日はActive。

以上の画像は、色調整等行わず、RAWをJPEG+サイズ縮小に変換しています。
マイナス20℃〜30℃の体験も面白かったですが
次に行くならそれほど寒くない9月のイエローナイフがいいなと…


Tonight's Aurora Gallery December 2012

  ↑ 高坂雄一氏のウェブサイト
    同じ日、同じ場所で撮った高坂氏の写真があります。
    プロの素晴らしさをお楽しみ下さい


宇宙から見たオーロラ展2013
  ↑ 2013.1.7〜1.31まで無料開催(新宿高野ビル・高野フルーツパーラーのビル)
    「地上から見たオーロラ」のコーナーで高坂氏の撮影したオーロラ写真が展示されています。


アラスカツアー4日目(最終日) へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アラスカツアー3日目(オーロラ)@2012年12月 美術館と動物園。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる