美術館と動物園。

アクセスカウンタ

zoom RSS 森山良子”フォークの女王、一夜限りの復活”@ビルボードライブ東京

<<   作成日時 : 2014/07/25 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Ryoko Moriyama SPECIAL FOLK NIGHT 7/25(金)


1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

「さとうきび畑」「涙そうそう」など数々のヒット曲で長年にわたり活躍を続け、今なお年間80公演以上のペースで全国に歌声を響かせている森山良子。
1967年に「この広い野原いっぱい」でデビュー、透明感のある歌声と歌唱力で人気を集め「禁じられた恋」ではミリオンセールスを記録。“フォークの女王” と呼ばれるも、ミシェル・ルグランとの共演をはじめ、JAZZアルバムではマイケル・ブレッカーと共演しUSツアー敢行、オーケストラとのクラシックコンサートを各地で開催、矢野顕子とのユニット “やもり” を結成するなど、ジャンルを超え様々なスタイルで活動してきた彼女が贈る、デビュー以来初となる一夜限りのフォーク・ライブ!



平日なので2ndステージの席を取りました。
国立新美術館「オルセー美術館展」を駆け足で見て、館内のレストランで食事して東京ミッドタウンにあるビルボードへ移動。
画像
思いがけず東京ミッドタウンの芝生広場でゴジラに遭遇。

そんなこんなで2ndの開演時間になりました。
初めてのフォークLIVEということですが、もともとフォークの女王と言われた時代知ってるような知らないような…「禁じられた恋」や「恋はみずいろ」あたりから記憶が始まっているので、どんなフォークを歌ってくれるのか興味津々でありました。しかし食事でワインをたしなんだせいか、始まった途端、モーレツな満腹感と睡魔に襲われ、椅子に座っているのも大変。
覚えているのはユーミンの「卒業写真」と中島みゆきさんを歌い、思ったほど日本のフォーク歌わなかったでした。
あっ、「ぷかぷか」歌いました。「俺のあのこはタバコが好きで〜」って、子供だったけど印象的な歌です。
良子さんが何度も言っていたのは、自分のオリジナルのフォークの歌って少ないんです。ってことでした。
つまり私が思っていたあの歌もこの歌もフォークじゃなかったってことらしいです。それでもPPMとかサイモン&ガーファンクルなどはツボに嵌った上手さでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森山良子”フォークの女王、一夜限りの復活”@ビルボードライブ東京 美術館と動物園。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる